読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズ楽曲大賞2010に投票しました

今更なエントリですが、投票期日ギリギリにジャニーズ楽曲大賞に投票させていただきました。去年は見ているだけだったので、今年は自己満ながらも参加できてよかったです!
だいぶ偏った投票結果になってしまったような気がしますが……まあ仕方がないよね。

以下、私の投票結果とその理由です。

楽曲部門

1位「ありがとう」〜世界のどこにいても〜(Hey!Say!JUMP)
今年の夏JUMPに堕ちて、そして冬にこの曲が出ました。私がJUMPを好きになってから初めてのシングルだから、というちょっと私的な理由もありつつ。歌詞のとんちきさとメロディーのかっこよさ、のアンバランス具合が見事にアイドルソングだなあ!と思います。作詞に参加されている村野直球さん、この少し前に発売されたももいろクローバーの「ピンキージョーンズ」の作詞も担当されていて、その意味不明さの虜になったばかりだったので、また村野さんが変な詞書いてきたよwwwwと思いました。大好きです。

2位THE D-MOTION(KAT-TUN)
かつんには詳しくないのですがジャニーズで一番楽曲が好きなグループは?と聞かれると迷わずKAT-TUN!と答えます。中でも2010年一番聴いて、一番好きだったかつんの曲がDモです。何度聴いても飽きないアレンジと、思わず踊りだしてしまいそうなメロディーの虜です。ぽんぺっ!

3位RADIO MAGIC(V6)
V6はもうずっと特別で大好きで、どんなに私が大人になってもずっと好きであり続けるグループなんだろうなあと思っています。と思っていた矢先に出たアルバム(「READY?」)が最高すぎて、ああやっぱりこの人たちは何年経ってもファンを喜ばせてくれるグループなんだ!!と感動して、そして夏コンでRADIO〜を歌っている姿を見て改めてこの人たちに一生ついていこうと決めました。という主観丸出しな投票なんです。ごめんなさい…。

4位BE FUNKY!(NEWS)
シゲアキが好きです。シゲアキと結婚したいくらいシゲアキが好きです。一人の男として好きです。が、もちろんアイドルとしてのシゲアキも大好きです。そんな私のシゲアキに対する情熱がいっぱいにつまった投票結果です。NEWSというグループの持つキャッチーさがよく体現されている作品だと思います。あと、アイドルソングってパート分けがとても大事だと思うんですけど、この曲のパート分けが大好きです。天使パートを亮ちゃんが歌って悪魔パートをまっすーが歌うっていう!その逆転の発想!!かっこいい!!

5位Air(V6)
初めて聴いた時は「地味な歌だなあ」(失礼)と思ったんですけど、その地味さも含めて聴けば聴くほど好きになっていったスルメソングです。これも、1番の歌割が神だと思っていて!!いのっち→剛くん→オカダっていう歌割なんですけど、優しさと切なさの比率が黄金比です。今年発表された曲の中で一番V6らしい曲。ともすれば偽善的にも聞こえる「愛することは思いやりの続き」っていう歌詞を、こんなにも優しく歌いあげられるグループなんてV6くらいだと思います。


PV部門
NaNaNa(太陽なんていらねえ)(TOKIO)
私は、タレント本人がかっこよく映ってるだけのイメージビデオみたいなPVよりも、ストーリー性のあるPVのほうが好きです。今年のPV、と聞いて一番最初に浮かんだのがこのPV。TOKIOの持つ底抜けの明るさと斗真くんの演技が最高でした。観てるだけで元気になる、まさにアイドルPV。


未音源化楽曲部門
ビリビリダンス(B.I.shadow)
凄く好き!!!!っていうほどまだ聴いてないのですが、とにかくこれをかっこよく歌い踊れる平成生まれの4人組に震えた、最初のインスピレーションを大事にしようと思いました。B.I.は平成のフォーリーブスですね!


現場部門
NEWS DOME PARTY 2010 LIVE!LIVE!LIVE!(NEWS)
一言で言うと最高でした。たぶん多くの人が現場部門で挙げてると思うので私が語らずとも、って感じですが、とにかく楽しかった。全体的にアップテンポな曲ばかりで、過去のシングルも全て織り交ぜて、間にスローテンポな曲を入れても飽きない。未聴、初見の曲でも飽きない。あんなに広いドームに6人だけなのに、全く広く感じない。実は一時期NEWS担だった時期があったんですけど、その頃のNEWSしか知らなかったので、こんなに立派になって……!と何やら感慨深かったです。気球も可愛かった!


総評ですが、やっぱりYJはどのグループのいい曲多くなってきたなあという印象です。大衆が聴いてもいい!って思える曲、という意味で。投票はできなかったけど、エイトのアルバムにも好きな曲がいっぱいありました。もうどのユニも6〜7年目だし、良い意味で徐々に広い感じになってきたのかなあという。そしてそれが少し落ち着いてきたのがV6で、まだまだおたく向けの域を出ないけど可能性を存分に秘めているのがJUMPなのかなあと思います。
2010年、たくさんの素敵な楽曲に出会えました!
2011年も、たくさんたくさん素敵なアイドルソングに出会えますように!