読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまのきもちを書きます。

JUMP

お久しぶりです。


まず、いのおくん、お誕生日おめでとうございます。
むにに付近はちょっと学校の方が忙しくて、なかなかダイアリを書く暇がありませんでした。月末にでも書こうかな、と思っていた矢先に、今回のことがあったので、またタイミングを逃してしまいました。
でも、いのおくんについてはちょっと色々語りたいことも多いですし、今回の事を頭の片隅に抱えたままもやもやした気持ちで書けるようなエントリではないと思うので、お誕生日エントリは延期させてください。
気持ちが落ち着いた頃に、ちゃんと書きたいです。


以下は、今回の件に関する、今の私の素直なきもちです。


今回のこと、色々な意見がありますが、事実としては
・森本くんが過去に喫煙した事実があるということ
・そのため、無期限謹慎という処分が彼に下ったこと
この2つだけです。


未成年の喫煙は、法律で禁じられています。「そんなこと言ったって他の中高生もたばこ吸ってるじゃん」っていうのは、何の言い訳にもならないと思います。彼は幼いなりにも若い子たちに多大な影響を及ぼすアイドルグループの一員なわけで、そこらの一般の中高生なら「一週間の自宅謹慎」とかで済むようなレベルのことでも、彼の影響力を考えると「無期限謹慎」は妥当な判断です。


ここまでが理性です。



本音はとにかく、悔しくて悲しくて仕方ありません。
話を知った時は、月曜日の夜だったのですが、とにかく「なんで?」しか言えませんでした。
なんでこんなことになっちゃったの?
それだけです。


昔、NEWSのファンだった時にも、似たようなことがありました。森本くんのことを聞いた時、即座にその時のことがフラッシュバックしてきて、あの時の悲しさとかやるせなさをまた味わうことになるのかと思うと、心底ぞっとしました。あんな思い、できることならもう二度としたくなかった。


私は、10人のJUMPが大好きです。10人でいると本当に楽しそうだから、そんな10人を見てるのが楽しかったから、私はJUMPファンになることを決めました。いのおくん担になったのは、ぶっちゃけ当時は単なる建前が欲しかっただけで(今は違いますよ、もちろん。)、本当は誰担になってもよかったんです。ただ、いちばん好きな顔だから、いちばん見ていて飽きないからという不純な理由で、いのおくん担になりました。だから、今でも私は、いのおくん担である前に「10人のJUMP担なんだ」と自分では思っています。


森本くんに、ばかなことをしてくれた……という怒りの気持ちも、そりゃ少しあるにはあります。でも、それより何より今いちばん心の中で強く願っていることは、一刻も早く戻ってきてほしい、ということです。芸能界にではありません。グループに、戻ってきてほしい。森本くんのいないHey!Say!JUMPなんて、Hey!Say!JUMPじゃない。許されるならば、公衆の面前で「いやだ」「戻ってきて」と駄々をこね続けたいです。でも、そんなことできません。だから、心の中でひたすら「なんで」「どうして」「いやだ」「戻ってきて」とつぶやき続けています。


今後、JUMPがどうなってしまうのか、私には予想もつきません。
でも、不思議と「JUMPなら大丈夫」という気持ちもあります。この1年間JUMPを見てきて、彼らなりの困難への立ち向かい方を知ったからです。
周囲の悪意ある大人によってだったり、心ない一般人によってだったり、また人間には到底抗えない何か大きなものによってだったり、JUMPの周りには今までも何度か困難があったように思います。でも彼らはそれを何度も乗り越えてきた。それも、従来のアイドル像とはかなりかけ離れた新しいやり方で。
だから、今回のことも、前例なんて気にせずに、彼らなりの新しいやり方で解決してしまうのではないかな、と、思っているのです。

……少し楽観的すぎますかね?
でも、これが私の本音です。
JUMPが、森本くんが、好きです。大好きです。
大好きだから、信じて待ってみようと、思っています。