読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私とらるく

まず、私とらるくの出会いについて書いてみます。
壮大な自分語りですよ。


私がラルクをラルクとして初めて認識したのは、98年の「HONEY」「花葬」「浸食〜lose control〜」3枚同時リリースの時とかだと思います。るろ剣のアニメも見てたので「the 4th avenue cafe」とか「虹」とかも知ってはいたんですけど、その時はまだこれらの曲を歌ってるのがL'Arc〜en〜Cielっていうバンドだ!って認識はありませんでした。

で、98年にMステで浸食〜を歌うラルクを見たんですけど、いやこれがもう怖くてねw
なんか大きい蝋燭?白い柱?みたいなのが立ってるセットなんだけど、サビくらいになるとその柱から血が滴ってくるんですよ。その中で、ゴシックというか何というか、まあおおよそPeaceやHappyみたいな言葉から程遠いメイクを施したhydeが歌うの。それがもう視覚的に無理でw
なんて恐ろしいバンドなんだ……!って思ったのです。

で、次にラルクを意識したのが99年。従兄弟がカセットテープに「LOVE FLIES」と「HEVEN'S DRIVE」を入れて、聴かせてくれたんです。で、ラブフライズは普通にかっこいいな!良い曲だな!って思って好きになったんだけど、ヘブドラがまた恐くてw
恐いっていうか、痛かった。冷たくて鋭くて、世の中のすべてが敵だぜ!みたいな印象を受けた。でも、その敵意は、いわゆる厨二病みたいな井の中の蛙的なものじゃなくて、何かもっとこう、酸いも甘いも一通り経験したうえでまだ許せないものがある、みたいな確固たる意志を感じて。今にして思えば当時の私の感性は割と的を得ていたのかも知れないなと思いますけども。*1
とにかくそんなわけで、やっぱり私この人たちのこと好きになれないわ……と、私はまたラルクを敬遠するようになったのです。


そんな私がラルクを好きになって良く聴くようになったのは、実は大学に入ってからです。
1年生の時に友達がカラオケで「DIVE TO BLUE」を歌ってくれたんです。
ご存知の通り、ラルクのシングルをカラオケで歌うとだいたい本人映像(PV)が流れてくるんだけど、DIVE〜も例にもれずカラオケでPVを見ることができるんですね。このPVがすっごく綺麗なんです。

私はアイドル楽曲でもバンドの曲でも、ストーリーがしっかりしていて、カット割とかが細かく計算されているような*2PVが好きです。ちなみにアイドルPVのなかでいちばん好きなのはAKB48の「桜のはなびらたち2008」なんだけど、ああいう、映画みたいなPVが大好きなんです。だからもう、DIVE〜のPVもどんぴしゃで、その日は家に帰ってラルクのPVをつべりまくりました。
そしたらもう、良PVが出るわ出るわ。ああ、このバンドは、曲と歌詞だけじゃなくて、アートワークとか自分たちのイメージまでもを「楽曲」という芸術を構成するひとつの要素にしてしまってるバンドなんだなあ、と気付いたのです。
そして、アイドルの総合芸術たる部分*3をとみに愛している私は、まんまとバンド界において「総合芸術」を成し遂げているラルクの虜になってしまったのです。


……そして今に至る、というお話でした^^


しかし、ラルクを好きになるきっかけを与えてくれたDIVE〜は今でも大好きな曲なんだけど、この曲が入ってるアルバム「REAL」はちょっと怖くて聴けないんですよね〜。だってだって色々ピリピリしすぎてるんだもん、この時のラルクのみなさまw*4
基本的に平和主義者なので、だから、ラルクの中ですきなアルバムは?って聞かれたら、青春のキラキラがいっぱい詰まってて、最高にキャッチーでちょっとだけせつない「True」か、もう老成してしまって更に総合芸術を突き詰めた感のある「KISS」って答えるように、しています!
KISSの楽曲の並びの計算されつくした感は、ほんとにすごいと思うんだよ〜!

いつもお星さまありがとうございます。

今日は、JUMPともジャニーズとも関係ない、L'Arc〜en〜Cielについて、つらつらと語ってゆこうと思います。ずっと、文章化したい想いがぐるぐるとあったのだけれど、文章化してしまうことで彼らの暴いてはいけない部分を暴いてしまうことが怖かったのですが(このことについては、あとで触れます)、今年は記念すべき20周年目をお祝いする年だし、ちょっとここらで自分の中で整理しておこうかな、と思いまして。


はてダの使い方がだんだんわかってきたので、ちょっと小分けにしたりしてみますね。
いつにも増して長くなると思うので、暇で暇でしょうがないときに暇つぶしにでも読んでくださいw

*1:ヘブドラは、マスコミとかパパラッチに対する批判の歌、っていう解釈があります。

*2:DIVE〜で好きな個所はhydeが歯磨きしながらお花に水をあげている窓の向こうに白い鳩が飛んでいくところ。ここが、絵画みたいに美しいの!あと女と寝てるゆっきーもかっこいいです^^

*3:アイドルは、歌もダンスも衣装もステージも演出も、時には本人の人生までもを総合して芸術として提供してるんだよ、という私なりの見解

*4:そのピリピリを感じさせてるのは主に「bravery」な気がしないでもないけど……^^ステイアウウェイとかネオユニとか、入ってるシングル曲は好きなのが多いんだけど。