読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の決めたやり方、それが正解なの?

Sexy Zone think

ごめんなさい、ちょっと暗いことを書きます。
どこかに書かないと気持ちの整理ができなくて、でもツイッターとか、無意識に目に入ってしまうところに書くのはだめかなぁと思ったので、追記に畳んでおきますね。

今週の火曜日は、ラゾーナ川崎に行ってきたよ。
Sexy Zoneデビューの瞬間を、見届けてきました。

みんな嬉しそうで、特に健人くんが、あのときの健人くんは「ナカケン先輩」でも「健人くん」でもない、また新しい中島健人くんでした。ぴょんぴょん跳びはねて、四方八方にファンサして、完璧なアイドルだったんだけど、いつもみたいに余裕は感じられなくて、なんだか“嬉しい!”って気持ちを全身で表現しているように見えた。健人くんが嬉しさを体現すると、それはファンサになるんだな。私は、デビューしたことで今までと立ち位置が変わって、心境も変わって、かつ受験も控えていて、だんだんと「ナカケン先輩」だけじゃない健人くんが見えるようになってから、俄然健人くんに興味を持ったんですけど、「ナカケン先輩」も「健人くん」も、「中島健人」の根本にあるものは変わらないんだね。100%アイドル。すごい子だなぁと思いました。


水曜日はタワレコに予約していたCDを取りに行ったよ。
1枚ずつ、計5枚買いました。トレカは勝利くん。パーカーも当たっちゃった。いまのところ、パジャマになってます(笑)。はやく1stコンサートが決まるといいな。そこで着たいです。

メイキングもすっごく可愛くて、癒されました。
特にサトキクのショートコント!と、勝利くんに「ほーらよ、ほーらよ^^」ってやる健人くん!
マリコンビがお兄ちゃん(というか、ふまけんに至っては寧ろパパとママ…)にべったりなのは、色んな雑誌やインタビューを見て知っていたのですが、勝利くんのイジられ方もすっごく可愛い!ふうまくんは、ぼーっとしてるけど突っ込む所は突っ込むシュールさを持ち合わせた子を舎弟にするのがすきだよね……。*1とにかく「可愛い」がいっぱい詰まっていたDVDでした。ふうまくんはどんな存在?っていう質問に答えた後はにかんじゃう健人くんと、スラスラと健人くんの入所日まで答えてしまうふうまくんを見て、あああふまけん…!!って興奮したりもしました。



そして今日。もう昨日か。
今日は朝の10時から18時までバイトだったんだけど、ツイッターの実況を見ていたらいてもたってもいられなくなってしまって、しかも会場が私のバイト先から徒歩5分のところだったので、バイト後に急いでアンコール握手会に行ってきました。ベルサール汐留。ほんとお前誰担だよって感じですが。


例えば、同じ「握手会を開催する」っていう事象にしても、「お客さんに感謝の気持ちを伝えたい」っていう名目で握手をするのか、「CDを売りたい」っていう名目で握手をするのかでは、全然意味が変わってきます。ラゾーナ川崎で急きょ行われた握手会は、前者でした。ふうまくんが「こんなにたくさん、お客さんが集まってくれて嬉しいから、台本にはないけど握手会します!!」って言ってくれて。ほんとうに台本に書かれてなかったのかどうかは、この際どうでもよくて、そういう気持ちで握手をできたことが大事。
でも、今日の握手会からは、後者の気配しか感じ取れませんでした。最初はSexy Zoneの5人だけだったんだけど、ツイッターで「あんまりCD捌けてないよ〜」ってツイートが流れて来た矢先に「Jr.も応援にかけつけます!」って情報局からメールがきて。会場には、段ボールに手書きで「まだCD買えます、まだ握手出来ます」って書かれた即席ボードがいっぱいありました。とにかくCDを売りたい!!!っていう必死さが見えたし、だからお客さんも必死になっていた。セクゾンの5人だけじゃなくて、応援に来てくれたA.B.C-Zもすごく声を張り上げてMCしてた。とっつーに「会場のみんなで“Sexy Rose!”って言いましょう!」って言われた時は、思わず大爆笑してしまったけれど、はっしーもとっつーも「寒い中来てくれてありがとう!」「もうすぐSexy Zoneと握手できるよ!」ってずっとアナウンスしてくれてて、こちらこそ、来てくれてありがとうって感じだったよ。ちっちゃいJr.も、笑顔を絶やさずにずっと手を振ってた。すごく頑張ってる!と思った。心動かされたけど、でも、こういうこと、頑張らないでほしい、とも思った。
セクゾンの5人も、疲れてるように見えた。もちろん皆笑顔で、にこにこ対応してくれたんだけど。それでも、ふまけんはもちろんのこと、勝利くんもマリウスも、じっと眼を見て握手をしてくれて、聡くんはいつもTVで見てるような笑顔で、両手で握って「ありがとうございます!」って言ってくれて、この子たちは本当に強い子たちなんだなぁと思った。5人とも、最高にかっこよかったよ。でも、あなたたちが頑張るところはここじゃないよ、と思ってしまった。


何万枚売らなきゃ、とか、そのためにどうしなきゃ、とか、そういうことを頑張るのは、裏の大人たちだけで充分です。タレントはその前で、のほほんと、別のことを頑張っていればいいんです。バレーの応援とか、パフォーマンスの向上とか、そういうことを頑張ればいいんだよ。今までのジャニーズ事務所は、それが出来ていると思っていました。でも、今日のは、なんか、なんか。


握手会を開催する目的なんて「CD売りたい」以外の何物でもないことは分かってるよ。デビュー日の川崎握手会も、台本にあっただろうしもとから1万枚売るつもりで行ったんだろうさ。でも、それでもアイドルは「感謝の気持ちを伝えたくて」って言わなきゃいけない。「CD売りたいです」なんて言ってほしくない。「明日も来てくれる?」なんて、そんな下からおびえるように尋ねてほしくないよ。あなたたちは、今やろうと思えばアリーナクラスのコンサートができる。天下のジャニーズタレントなのに。


考えすぎだっていうのは分かってます。おたくに今できることは、心から楽しんで握手することだよね。「ごめんね」でも「お疲れ様」でもなく「ありがとう」を、伝えたいなと思っています。あんまりまとまってないけど、今のきもちはこんな感じ。最初は、「こんな完璧すぎる5人組で、伸びしろとかあるのかな?」とか思っていたけど、今はほんとにセクゾンの5人が愛しくて愛しくてたまりません。えっ、こんな気持ちにさせるのも、商法のひとつなのかしら…?

とにかく明日も、みんな頑張ってください。
寒いから、風邪引かないようにね。



お星さまたくさん、ありがとうございました。

*1:言わずもがな、ほくたんね^^