読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近気になるAKB48

think

前回の記事におほしさまありがとうございました!


最近気付いたんですが私は「次世代」とか「第二章」とか呼ばれるものに弱いです。EXILEもタカヒロとアキラが加入して第二章が始まってから好きになったし、デジモンアドベンチャーというアニメも初代より次作の02の方が好きです。でもこういうものってだいたい初代(≒オリジナル)が神格化されがちで、二代目以降は元々のファンの人には受けなかったりします。じゃあどうして私は次世代の方が好きなのかな〜と考えてみたんですが、多分身内っぽさとか遊びの部分が増えるからなんですよね。公式が手がける二次創作というか。例えば、EXILEは今のメンバーになってから自分たちの冠バラエティが出来て、もうそれが今時アイドルでもここまでやらんわ!っていうくらいくだらなくて身体を張ったバラエティだったんですよ。コントやったり体当たりロケやったり。デジモンも、初代ですごーく真面目な性格だったキャラが02ではものすごいギャグ要員になったりしてて、おいおい公式遊びすぎやで……って思ったりもしたんですけど、作り手と受け手が一緒になって遊べる気楽な感じが楽しいから好きだったのかなぁと思いました。

そして、ご存知のとおり、AKB48も今「第二章」を迎えようとしています。
これまで絶対的センターとして、AKBの象徴として、当たり前のように存在していた前田敦子ちゃんが卒業し、それに続くようにAKBだけではなくSKEやNMBからも「何でこの子が?」っていうような有名な子が数人卒業していきました。AKBではチームの再編成が行われ、たくさんの人事異動がありました。昔からAKBを見ていた人、「あっちゃんがいたAKB」が好きだった人にとっては、すごくモヤモヤする時期だと思います。たった数ヶ月でこんなにもたくさんのことが変わってしまうなんて。でも、私は今のどんどん変わっていくAKBを見て、ワクワクしています。国民的アイドルで手が届かなかったAKBが、なんかちょっと身近になった気がして。9期以降のいわゆる次世代とか新人って言われてる子たちも、やっぱり今の選抜メンバーと比べちゃうと小粒感ありますけど、でも個人的にはすごく粒ぞろいだと思います。ジャニーズJr.もそうなんですけど、最初はやっぱり皆ダンスも歌もできなくて、素人っぽさがすごくて、でも何度もテレビで歌ったり先輩のバックについているうちにどんどん変わっていくのが目に見えて分かるんですよね。そういう、成長する姿を見ていけるのが、アイドルの良いところだよなぁと思います。

ということで、AKBの現場にはこの間の東京ドームにしか行ったことがないど素人なんですが、今日は何人か今気になっているAKBメンバーをメモしておこうと思います。



田野優花(たの・ゆうか) 12期生 チーム4→チームA
たのちゃん!
東京ドームで初めて生でAKBを見た時、ひときわダンスが上手でパワフルで楽しそうに踊る子がいるなぁ〜と目についた子でした。小さい身長と長い髪とエキゾチックなお顔、にパワフルなダンスがアンバランスで可愛いなぁと思います。たのちゃんは将来ダンスの先生になりたいらしい。*1女優や歌手になりたい子が多いAKBグループの中ではちょっと異色な夢だし、ダンスの先生っていわゆる裏方だからよほどのことがない限り表には出てきませんよね。いつかAKBをやめちゃうんだな〜と思うと応援はしづらいのかも知れないけど、こういう方向からAKBにアプローチしてくる子って凄く面白いと個人的には思います。いつか劇場で、近くでパフォーマンスを観てみたいなぁと思う筆頭です。同じ12期の武藤十夢ちゃんと仲が良くて「たのとむコンビ」なんて言われたりもしているんですが、二人の絡みを見るのも楽しいです。



島崎遥香(しまざき・はるか) 9期生 チーム4→チームB
バカレアでジャニーズおたくにもすっかり身近な存在になったぱるる。とにかく顔!顔が可愛い!そしてスタイルも良い!こんな見た目になりたい〜〜って凄く憧れる女の子。でもダンスや歌、ファン対応がいまいちなのでファンからは「ぽんこつ」と呼ばれています。私個人としてはまったくそうは思わないんですけど、それはバカレアで彼女のことを本格的に知ったからなのかな〜。「環境が人を変える」とよく言いますが、本当にバカレア以降のぱるるは堂々としていてかっこよくて、ぽんこつなんてことばで片付けちゃうのは失礼すぎない??と思ってしまう。ダンスは確かにそんなに上手いほうではないけど、それでもそういう技術とか関係ないくらい圧倒的なオーラがありますよね。最近は歌番組に出演することも増えて、これからどんどん貫禄が出て立派になっていくんだろうなぁと楽しみです。今見ていて一番楽しい人なのではないかなと思う。この間の火曜曲で歌ったBeginnerではなんとセンターポジションについていて、すごーく格好よくてびっくりしたよ!



永尾まりや(ながお・まりや) 9期生 チーム4→チームB
やぎしゃんやぎしゃん!
この子も美人でスタイルが良くて同性が憧れるタイプの子だなぁと思います。この動画見れば分かると思うんですけど、同期の山内鈴蘭(やまうち・すずらん)とすごく仲が良くて、そこも可愛くて好きです。やぎしゃんとらんらんのコンビって、クラスにいたら絶対スクールカースト最上位層で、スカートとかすっごい短くてまつげもくるんって上がってて眉もいつもきれいに整えてて先生にばれないようにこっそり化粧してて、万が一バレても「えへへ先生ごめん〜」って謝ったら笑って許してもらえそうなオーラある。そういう子たち、女子は一度は憧れると思うんだよね……。AKBって発祥が秋葉原だから、それまでのアイドルグループと違ってちょっと地味だったりおたく趣味を持った子が集まってきやすくて、だからこういうふうにザリア充!みたいな子たちは新鮮だし見ていて清々しいです。あんまり踊っている様子を見たことがないのでどんなパフォーマンスをする子なのかはまだよく知らないんですが、きっとステージ上でも青春のかたまりみたいにきらきらしていて眩しいんだろうな〜。鈴蘭のパフォーマンスもすっごい好きで、ダンスが上手いのはもちろんなんだけど、それだけじゃなくて表情の付け方とかもすごい可愛いのね。テレビに出る時のカメラアピとかも上手いし、安定してるな〜と思います。


以上の3人(鈴蘭まで入れたら4人)が今気になってる子たちです!
見れば分かると思うんだけど、全員夏までチーム4の仲間でした。実はチーム4は再組閣に伴って消滅してしまって、皆それぞれA、K、Bに分かれてしまいました。私はチーム4が何となくいいな〜って思っていたので、ちょっと悲しい。他のチームに比べて実力が不足していたり、なかなか思うように育たなかったから仕方のないことなのかも知れないけど、あっちゃんが卒業して新しい風が吹いてきたAKBで、バカレアや選抜とだんだん活動の幅を広げているところだったチーム4メンバー、もうちょっとチーム4のままで様子を見てあげても良かったんじゃないかなぁとも思います。でも、新しいチームでの曲が3チームともすっごく良くて、そこで一生懸命先輩についていって頑張ってるチーム4の子たちを見るのが楽しいのも事実。今はそれぞれのステージで頑張っている元チーム4の皆が、いつか何らかの形で再結成して、それをこの目で見ることができたら幸せだなぁと思っています。それがAKB第二章のゴールになると素敵だな、とも。


AKBに関してはずーっと在宅だったのですが、そろそろ握手会とかも行ってみたいなって思ってるところです。まずキャラアニでCDを買えばいいんだよね……?? まったくわからないことだらけですが、ひとつずつ勉強して応援していけたらいいなって思います。

長々と読んでくださってありがとうございました!

*1:ってGoogle+で言ってたような気がしたんだけど、今エケペディア見てみたら「将来は黒木メイサのような歌って踊れるアーティスト」って書いてあった。どっちなんだろう?