読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JOHNNY’S WORLD(11月20日/帝国劇場/ソワレ)

stage

健人くんのシェイクスピアに出会える日は来るのか。
自分的11月最後のジャニワでした。

<1幕>

  • OP

Jr.と場内スタッフのお姉さん(に扮したキャストの方)とのやりとりで、
「ボク、お母さんいくつ?」
Jr.「ハタチ!」
「ハタチ?!私より20も若い!!」
というやり取りがあったんだけど、今ハタチならあんた何歳のときの子よというツッコミもあり、キャストの方も30前半くらいに見えたのであの見た目で40なの?!という驚きもあり、色々驚いた。

まさかの短縮ヽ(;▽;)ノ

  • えびセクゾン紹介曲

勝利くん、髪の毛切ってかっこよくなってました!
前は前髪が目より長かったけど、今は眉にかかるくらい。個人的には勝利くんの男らしさはおでこと眉に集約されている気がするので、前髪を作っておでこと眉を隠すとちょっとマイルドになって可愛い。

  • 赤衣装の曲

だんだん各人個性的な遊びを入れてくるようになりました。
有岡くんと朝日くん、あらんちゃん辺りが中盤顔を見合わせて笑ってるところが可愛い。朝日くんって人と向き合うといつも全力で本当に楽しそうな顔になるよね〜。いい男だ。
勝利くんはあまり他の人を見たりせずに黙々と踊っていました。慣れてないからと言うよりかは、そういう他の人との絡みとかをあまりしないタイプだからな気がする。

  • 4Dフライング

この日は2階の真ん中から観てたんですが、1階の天井から吊り下がっているえびさんの影が幕に映って良い感じに妖しげな雰囲気を作っているのですごいなぁと思いました。場所が変わると見える景色もまた変わるね。

  • 12ヶ月の歌

「人生は何事もなさぬにはあまりにも長いが、何事かをなすにはあまりにも短い。」
中島敦の『山月記』内、虎になってしまった李陵の台詞からでした。
「人生とはあっという間に季節の中を過ぎ去っていく」みたいな台詞もあったような。この回は台詞をちゃんと聞き取ろうと意識して入ってたけど結果あんまり覚えていないぽんこつ……。

  • 1月・水太鼓

伊野尾くんにばちを渡す係はモード系男子・森継くん。

  • 2月・仮面の曲
  • 3月・百花繚乱

圭人が英語で「春は日本では桜が咲く季節です」みたいなことを言ってた(多分)。
マンションは本郄くんがお休み、本郄くんの位置には嶺亜くんが入って、元々嶺亜くんがいた位置は空いてた。

子ども役は金田くん。
船が沈んでるのに朗々とマイ・ハート・ウィル・ゴー・オンを歌い上げるプロデューサーは確かに狂気かもしれない。

  • 5月・ヒンデンブルグ号

「もう見てられません!私も建物の中に避難します!」
みたいなレポートをとっつーが。今まで聞いたことなかった台詞だったからアドリブだったのかな。
飛行機から落ちてきたやまちゃんがプロデューサーに向かっていう台詞は
山「なぜ悲劇ばかりを扱うんだ」
プロ「意識してやってるんじゃない、1年にはその方が多いというだけだ」
山「あんたは美しいものを見ようとしてないだけだ!」
的な。

  • 6月・ジューンブライド
  • 8月・シャッフルユニット

高木くんと有岡くんも緑チームだったね……ごめんね。
黄色いつなぎを着ているJr.(トラジャ兄組+スノーマン+岸くん+颯くん?)がものすごくかっこいい組体操をしていることに気付いてしまった。次回はしっかり見てみよう。

  • 9月・コント

ジムナスティックお兄さん。

  • 10月・綱渡り

これは2階からの方が見易かった。
失敗も特になく。

赤軍の旗手は目黒くんで正解らしいです!教えてくださった方ありがとうざいます!

髪の毛を切った勝利くんが頭を濡らしたらなんか中途半端にぼさぼさになっちゃってて可愛かった。長い時はちょっと濡らすとすぐオールバックになってたので。勝利くんがここの物語をどういうふうに解釈してどういう風な意識で演じてるのか凄く気になる……。


<2幕>
・セクサマ、健人くんの魔法は球体に指つんつん→ちゅー→…しようとしたら球体が浮かんでワッて驚く顔でした。カワイイ。
・谷村くんがAメロなぜか満面の笑みだった。笑うと普通にイケメンであるよ。
・ベンチに座る菊池天使、今日はちょっと内股ぎみ。
・健人くん「過去はその時代を生きた人に聞けば分かる。現在は過去と未来をつなぐもの。そして俺たちのいる未来のヘブンは〜」みたいな台詞があるんだけど、いつも「未来のヘブン」が面白すぎてその後のがあたまに入ってこない。
・菊池くん「地球からやってきた人たちを案内するのが俺らの役目。また少し忙しくなるなぁ」
・まちゅくらの後頭部を撫でたあと元太くんのほっぺを両手でむにむにするのえる。
・この青シャツJr.が花の24年組の描くSF少女漫画の登場人物たちにしか見えなくて困る!!という話を後日じっくりしたい。
シェイクスピアは光。
・じゃんけんで負けた戸塚くん、ひとしきり暴れたあとに両手を合わせて「コップンカー!」河合「骨粉カーは違うでしょwww」続けて健人くん「くっそー!せっかく今日はSexyZoneがオリコンウィークリー1位取った日なのにー!」河合「さりげなく宣伝を挟まない!」健人「コップンカー!」戸塚くんが負けたときのほうが負けた組に謎の勢いがあって面白いw
・妖精さん、ルイスと植田くんが肩組んだりして可愛かった。相変わらずどこ見ていいのか分からない。中央に寄っていくときの千田くんの顔が好きです。
・SHOCKコントで女装した塚ちゃんを見るのえるの顔が「驚愕」って漢字で面白い。
・伊野尾ツバサに「こんな豪雨で大丈夫か?」って聞かれると「大丈夫だ、問題ない」って心の中で言っちゃう……。
・伊野尾ツバサ「飛ばせ飛ばせ〜ぃ!コーナリングが手に汗握るぜぃ〜!」ああ好き……。
・ドリボ、フライング用の布を首に巻いて出てくる森継くんとそれを引っ張る今野さん。
・ブラックホールの前、「世の中には楽しいことばかりじゃない。前に進むためには宇宙の全てをちゃんと見なければいけない。13ヶ月目はその先にあるんだから!」みたいな勝利くんの台詞が超好き。超好きだから一語一句間違えずに覚えたいです。次頑張ります。
・ここの勝利くん、菊池くんの台詞に新しく「おう!」とか相槌入れたりしてた。ちょこちょこ変えてきてるのかな。かっこいい!
・「裸の少年」で菊池くんと勝利くんが狭い階段にぎゅっと座ってるのが好きだったんだけど、この日は菊池くんが一段下に降りてふたりとものびのび座っておられました…こっちのほうが見た目はかっこいいけどちょっと淋しい……。
・「アクエリアス」でお客さんの手を取って立たせる勝利くん、かっこよかった!でもあそこで立っちゃうと一階席は観たいところが観れなくてかなりのストレスだと思う。
・「Let's go to the earth」ステージ中央でやまちゃんの方から誘ってくれてやまちゃんと勝利くんハイタッチ!かわいい。
・カテコ。ステージ中央後列で脇山・森谷・五十嵐って並びなんだけど、森谷くんの後ろをすすすと通って礼様の隣に立ちおもむろに礼様とWピースからの恋人つなぎするいがぴ。そのまま手を横に振る。いがぴ……。


勝利くんは踊ってるときの顔がだいぶ考えてやってるなぁというのが分かるようになってきた。切ない歌詞のときにものすごく切ない顔をするのがたまらないです。特に「名前のない想い」の「誰よりそばにいるから/これだけは忘れないで」のときの顔が、もう、胸がぎゅーってなります。「闇を突き抜けて(幕を開けろ!)」で上を向く振りの時に目をつぶってたのも新しいなと思った。自分のなかで物語や歌詞を咀嚼してものにしていってる姿が分かるって観てる側も楽しいですね。勝利くんかっこいいなぁ。