読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレッシュJohnnys'Jr.コンサートin横浜アリーナ2012 感想

前回までの記事におほしさまやコメント、ありがとうございました!

さてさて、先週の日曜日は横浜アリーナにジャニーズJr.のコンサートを観に行ってきました。ジャニーズJr.…いわゆるCDデビューしていない「ジャニーズの研修生」たちが、アリーナクラスのステージで、自分たちがメインのコンサートを行うのは、2007年の「JOHNNYS'Jr. Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA」以来6年ぶり。実に名誉なことです。
今年は特に、noon boyzの野澤くん、真田くんが「笑っていいとも!」のいいとも青年隊にジャニーズ事務所初の起用をされたり、森本慎太郎くんをはじめとする「バカレア組」と呼ばれるメンバー6人が「私立バカレア高校」というドラマ・映画で主演をつとめたり、BSスカパー!でジャニーズJr.がメインのバラエティ番組「ジャニーズJr.ランド」が放送開始したり、日本テレビ系列で「ジャニーズJr.の真実」というドキュメンタリーが放送されたり…と、色んなJr.が色んなフィールドで経験を積んだ1年だったように思います。
そして、今回のこのコンサートは、そんな1年間の集大成を発表する場として、とてもふさわしいものでした。


12月16日、正午0時。電飾やカラフルなモニターで飾り付けられた横浜アリーナの360度ステージは、夢がいっぱい詰まったおもちゃ箱のような希望に溢れていました。私は、2007年のJr.コンには行っていなかったので、アリーナクラスのステージでJr.メインのコンサートを観るのは今回が初めて。この1年、各メディア媒体で彼らの活躍を拝見しては感動し、にわかながらもJr.ファンを名乗ってるほどだったので、もちろん、彼らならやってくれる!という期待はありました。だけど、やっぱりJr.だけでアリーナコンをするっていうことに対していまいち実感が沸かなくて、どういうコンサートになるんだろう…という不安もありました。ドキドキしながら開演を待つこと数分(寝坊した上にのんきにトイレに行っていたら席に着くのがギリギリになってしまった)。暗転。赤い衣装に身を包んだレッスン生の子たちが、お客さんの歓声とともにアリーナの外周を走り回ります。ステージ中央には、白い大きなドーム型の装置があって、ジャニーズJr.の定番曲であるV6の『Can do!Can go!』の前奏に乗せて、そのドームが真ん中から2つに分かれてゆっくりと開いていく。中から登場したJr.たちの顔は、ニコニコ、キラキラしていて本当に楽しそうで、Can do!Can go!の歌詞通り、前向きで華やかなオープニングでした。

We can do! We can go! いつもの街角で瞳閉じて
We can do! We can go! ここから始まると信じるんだ

2曲目からはnoon boyzを中心としたメンバーで山下智久の『抱いてセニョリータ』、Sexy boyzを中心としたメンバーでSexy Zoneの『With you』、バカレア組を中心としたメンバーでKis-my-ft2の『Fire beat』と続きます。キャリアも実力も一番あって安定しているnoon boyz、フレッシュで元気いっぱいのSexy boyz、ドラマですっかり貫禄も付き名実ともにJr.の筆頭となったバカレア組。2012年現在のジャニーズJr.を引っ張っているのは、この3組なんだなぁと改めて実感しました。

バカレア組とSexy boyzが布の中で入れ替わるイリュージョン、バカレア組が宙に浮いた箱の中から消えて客席に瞬間移動するイリュージョン、真田くんの入った箱が燃えて反対側のステージに瞬間移動するイリュージョン、などなど、ジャニーズの王道とも言えるびっくり演出も、多少稚拙ながらも(笑)随所に散りばめられていて、デビューしていない彼らも立派なエンターテイナーであることを教えてくれます。

V6の大ファンである野澤くん、NEWSのやまぴーと手越くんを尊敬している京本くんはソロ曲にそれぞれV6の『Over drive』、やまぴーの『MOLA』を選曲していたり、KAT-TUN田中聖くんの実弟である田中樹くんはソロ曲で聖の『I don't miss U』を選曲していたり、と、ジャニーズ事務所の歴史の長さや先輩後輩の絆を感じさせる一面もあり。

特に感動したのが、noon boyzが中心となって披露したSMAPの『Moment』でした。この曲をぬんぼが歌っているのは少年倶楽部の収録でも観たことがあって、その時も「あーぬんぼに合うなぁ、良い曲だなぁ」とぼんやり思っていたんですが、横浜アリーナで観るモーメントはまた別格の良さがありました。ぬんぼの二人の歌声をあんなにじっくり聴いたの、実は初めてだったんですが、二人とも良い意味でアイドルっぽく優しい声で、ミディアムナンバーにとても良く合っていたし、何より歌詞が優しくて。

この一瞬のための何千時間 強さって優しさ 今わかってきたよ
この瞬間のためになぜ時間 ついやしてきたのか 知りたいから

この一瞬のためだけじゃないんだ 続きはまだあるんだ 探してたこと
この先で見つけられるかな その一瞬のために歩き続ける

このブログにいつも書いていることですが、将来デビューしたいって強く思っているJr.もいれば、もしかしたら部活や習い事感覚でJr.の活動をやっている子もいて。誰かが選ばれれば、誰かが外されて。顔も名前も立場も考え方もぜんぜん違う何百人もの男の子たちだけど、だけどみんな「この一瞬」を一生懸命生きている。未来なんて不確かで曖昧なもの、今は必要なくて、大切なのは横浜アリーナでコンサートをやっている「今」。
そんな曲の歌詞が、コンサートの雰囲気にぴったりだったんです。
ただひたすらに幸せな空間。

07年のジャニーズJr.のアリーナコンサートでは、Hey!Say!JUMPの結成発表がありました。
02年の東名阪ジャニーズJr.アリーナコンサートではタッキー&翼の結成発表がありましたし、もっと小さな会場…たとえば09年のフォーラムコンサートではNYCboysのお披露目がありました。だから、何となく今回も、例えばバカレア組のCDデビューとか、何か新しいグループが結成されるとか、そういうお知らせがあるのかなぁと思っていたんですよね〜。でも何もなくて。
グループ結成は喜ばしいことだけど、誰かが笑えば誰かが泣く、そういう姿をたくさん見てきたので、ちょっとこわいなぁとも思ってたんですが。そういうの、何もなくて、ただただ楽しい瞬間だけをぎゅぎゅっと凝縮したコンサートで、良かった。ほのぼのした、素敵なコンサートでした。

彼らはいつか「ジャニーズJr.」という場所から巣立っていくし、離れ離れになっちゃうのも分かってるんだけど、だけどもうちょっとこのまま、この瞬間を、今の私が大好きな「ジャニーズJr.」の瞬間を保っていてくれたらいいなぁと思いました。

そして、ここまで考えてハッとなったのが、あのアリーナの中央にある白くて大きなドームのことでした。あれが開いたり閉まったりするたびに「なんか…トリビアの泉の金の脳みそみたい…」って思っていたんですが(笑)、あれってもしかしたら繭とか卵みたいなものだったのかも知れないなって。アンコールで、はだかに白いシャツだけ羽織ってそのドームの中から飛び出してきたたくさんのJr.たちは、みんなこれから色んな夢に向かって羽ばたいていく雛たちに見えた。すごく晴れやかで、のびのびとした笑顔を客席や仲間たちに向かって向けていて。見ているこっちまで笑顔になってしまうほどだったよ。見ている人を無条件で笑顔にできるなんて、彼らはやっぱり、若いけれど一流のエンターテイナーであり、アイドルだ。

素敵なコンサートを見せてくれて、ありがとう。
これからの彼らの活躍にも、期待しています!
次は、ジャニーズワールドとか他の仕事のない時期に、ジャニーズJr.全体でまたこういうコンサートができると良いな。


以下にセットリストと、気になったことをちょこちょこメモしておきます。

  • Can do! Can go!
  • 抱いてセニョリータ/noon boyz
  • With you/岸・岩橋・高橋・sexy boyz
  • FIRE BEAT/バカレア組

みんなのヘドバン見れたの楽しかったなー!
誰を見ればいいのか分からなくてなんとなく樹を見てしまった(笑)

  • ミッドナイト・シャッフル

メモを見ると安井くんと高地くんがじゃれあっていたっぽい。(あまり記憶にない)
最後にぬんぼからバカレア組の紹介があり、バカレアドラマのVTR。みんなフルネームでテロップ出てくるのに、ジェシーは「ジェシー」になってて、ああ…ほんとに改名してる…ってしみじみした(笑)。

  • Shake It Up/バカレア組
  • 歌合戦メドレー(フラワー〜世界に一つだけの花〜 夢物語〜HONEY BEAT〜AMBITIOUS JAPAN〜ハルカナ約束)/バカレア組

黄色とオレンジの衣装?に分かれて上手と下手で歌合戦。全力で踊っていたのであまりちゃんと見てない(笑)

  • SIX SENCES/バカレア組

これ、カツンの曲なんだね〜。クールだけど陽気な感じが、今のバカレア組に合っていてかっこよかったな。
最後に花道で、バカレア組がSexy boyzにチェンジするイリュージョン。2部であむくんがぺこちゃんみたいな顔して出てきて可愛かった。そのままSexy boyzメドレーに。

  • Them of Coming Century/岸・岩橋・高橋・sexy boyz
  • Don't Stop Sexy Boyz/岸・岩橋・高橋・sexy boyz

テーマオブの前奏が流れた時の客席の「ザワッ…!」っとした空気、一生忘れない!(笑)
まさかこの7人でカミセン曲(しかもよりによってテーマオブ)をやってくれるとは! 若い子知ってんのかな、この曲(笑)。常常、神宮寺くんは黄金期のJr.みたいなチャラさあるな…と思っていたので、カミセン曲やってるとこ見れてよかったです。似合ってたよ!(笑)
最後に、颯くんと岸くんが棺桶に入ってぬんぼにチェンジするイリュージョン。颯くんのソロダンスはやっぱりかっこよかった〜。神宮寺くんも場つなぎでソロダンスやってて完全に俺コンでした。横アリ一つにしてた。

光るボールを使ったダンス。

  • Over Drive/野澤くんソロ

センターステージでスタンドマイク。これも流れてきた瞬間のやっぱりか!wwwって空気がすごかった(笑)欲望に忠実なのんちゃん、推せる…。黒の傘に蛍光塗料で「J」って書いてあるやつをくるくる回してるバックがシュールでした。

イスを使ったパフォーマンス。バックもスタイリッシュでかっこよかったな。植田くんとか寺ぽんとか4人くらい。途中から安井くん萩谷くんあたりも混じってたかな?
そしてロキパへ続く。

  • Rockin' Party

京安による京安厨のための想像を絶する絡みが!!!!!!!
しょうげきすぎてあんまり覚えてない(笑)

  • Strategie/ジェシーソロ

ジェシーのソロで、北斗くんが踊る。この二人は高スペックで観ていて関心してしまう。でも脳みそ…もとい卵ドームが閉じたり開いたりせわしくなくてちょっと面白かった。あと、ジェシーが乗ってる階段のセットをJr.が手動で押してるのもシュールだった(笑)。裏方の仕事しながらヒロキが密かにムーンウォークかましててさすが!と思いました。おかえりヒロキ!

  • SHAKE

全員でカラーボール投げ。1部では岩橋くんがファンに向かって剛速球投げているのを見て、それは違う!と思いました(笑)。2部では、投げ終わって空になったカゴを頭に被ってふらふら〜って歩いてる颯くんが可愛かった。

  • シングルメドレー(Ultra Music Power〜Magic Power〜Za ABC~5stars~〜Sexy Zone/〜Ladyダイヤモンド〜ずっとLOVE〜瞳のスクリーン〜Dreams come true)

直近の先輩たちメドレー。ドリカムでメンバー紹介もあり。バカレアの掛け声で「のんちゃん!」「さなぴー!」ってやってセンターステージでふたりが腕組んでくるくる回ってたのもここだっけ。可愛かったな〜。あとC&Rしたいジェシーが「こっちからこっちの人!盛り上がってるかー!?せーのっ、せーで!」って言ってたの可愛かった。せーのっせーって(笑)

  • MC

野澤くんの安定感!
野澤くんに仕切らせておけば何も問題ない!
野澤くんかっこいい!!
1部よりも2部の方がみんな面白いことしようとしてる心意気が伝わってきて良かったです。神宮寺くんたちのCMコントも可愛かった〜。セクゾンバック組は、まず岸くんが特攻隊長でくだらないダジャレやって笑わせて、その後に神宮寺くんとあむくんを中心に小芝居やってまた笑わせる、という流れがテッパンになりつつあって安定してるね〜夏のサマリーで毎回MCに立たせてもらってた成果かな。どうしても、れいあちゃんとかおるが優等生になっちゃうのがもったいないな〜と思う。これからだね!
ジェシーが萩谷くんの靴紐を結んであげるくだりも可愛かった。ほんとに萩ジェシは大きくなってもふたりで並ぶとぽやぽやしていて可愛い〜
樹も率先してしゃべって頑張っていました。樹はバカレアで前に出るようになってから、見直すところがいっぱいあるなぁ。ソロもかっこよかったし。でも爪に黒のネイルしてるのだけはどうしても許せないけど…(笑)

  • ウキウキウォッチング

野澤くんと高地くんでnoon boyz。そしてマイク持って出てくるタモさん…もといサナさん(笑)

  • スクール革命
  • Back to BACK/慎太郎ソロ
  • 真紅の花/ジェシーソロ
  • 涙、ひとひら/ジェシー、京本くん
  • MOLA/京本くんソロ
  • I don't miss U/樹ソロ
  • Think U xxx./北斗くんソロ

夏のTDCでやったメドレーをパワーアップさせて披露します!というテイだったのだけれど、今回は高地先生も時間あったし、ソロが見たかったなぁ。実質スクール革命がソロってことになるのかも知れないけど。もっとがっつりしたやつ。あと、慎ちゃんも、受験生で忙しかったのかもだけど新曲が見たかったかな。バック宙はかっこよかったけど!
ソロでおお!と思ったのは京本くんのMOLA。TDCではバラードだったから、今回はダンスナンバーでそのギャップが良かった。こんな曲もやれるんだ!っていう。バックについてた4人(ウェスリー、寺ぽん、若葉くん、よしたか)も貫禄のダンスですごかった!
あと北斗くんのソロはね、もうずるいねあれ!(笑)自己プロデュース能力がずば抜けて高い人なんだなぁと思いました。歌も上手くてダンスも上手いのに魅せ方まで分かってるとか完璧じゃないか!

フレッシュJr.に混ざってクリスマス童謡を歌う安井謙太郎くん(21)というのが趣深すぎますね!

  • WHITE X'mas/北斗くんソロ、慎ちゃんダンス

真ん中でベンチに座るセクボがそれぞれサンタさんとトナカイの被り物をしてかっこつけててシュールな雰囲気に!

  • シンデレラ クリスマス/バカレア組

この曲を踊る小林瑞生くんが王子様すぎてヤバかった。きゅーん!

  • Snow Express/noon boyz
  • 僕らの街で/増田さまライン

横浜アリーナに増田さまの歌声が響き渡る!!!

  • Another Christmas/noon boyz・増田さまライン

ラストに外周下手でヒロキ・アンダーソン・半澤くんによる三角関係愛の劇場コントが開催されていた。

  • アイノビート/萩谷・安井・カウアン

突然のカウアン!!!!!!
萩安(まぁカウアンもいたけど)で1曲やってくれるとは思わなかったので嬉しかった(*´`)
萩安のシンメ力が高くて幸せでした。

  • FALL DOWN/バカレア組
  • Hair/バカレア組
  • Moment/noon boyz
  • Dancing Star/noon boyz
  • Rocks
  • JAM
  • KEEP ON RUNNIN'

ロックスからのジャムからのキーポンランニンって、ザ・ジャニーズJr.!みたいな曲順でラストスパートにとてもふさわしかったです。ロックナンバーはこっちも盛り上がるし、演者もテンション上がってるから楽しそうで可愛い。

  • Let's go to Earth

ジャニーズワールドの宣伝も挟みつつ。
Jr.コンは帝劇に出てない子が多かったから、この曲やってるところ見れて新鮮だったな。

<アンコール>
・ Daybreaker
・ フィーバーとフューチャー

<ダブルアンコール>(2部のみ)
・勇気100%
「僕たちが持てる輝き 永遠に忘れないでね」って歌詞にぐっと来ました。
一生忘れないよ!