読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発展途上/SexyZone New Year Concert 2013・雑感

4日~6日はSexyZoneのコンサートに行ってきた。

in横浜アリーナ。

計4公演観てきました。

 

これまでのセクゾンっていうのは、周囲のスタッフががちがちにコンセプトを決めていて、それに子どもたちが言われたとおりに順応して対応しているという感じがすごくあった。もちろん、自分たちでもいっぱいアイデアを出してはいたんだろうけど、それを大人が上手いこと纏めてくれていたというか。特にそれはシングルCDにおいて顕著だった。王子様のような衣装とルックス、重厚な音楽で「時代を作ろうSexyZone」と歌われることに説得力のあったデビューシングル。「マイケル・ジャクソンのようなセクシーさを目指す」というグループ名の由来通りに衣装からPVまでマイケルの世界観に沿った2ndシングル。しかし3rdあたりからそういうのが薄れてきて、でもセクサマは名曲だったからそんなに気にしてなかったんだけど、そうこうしているうちにアルバム「One Sexy Zone」が発売されて、これがまたコンセプトもへったくれもない「80点のジャニーズアルバム」みたいな感じだった。

 

ので、ちょっとがっかりしつつもコンサートに向かったわけだけど、コンサートもこれまた「80点くらいのコンサート」でした。という話です。

 

まぁ、圧倒的に時間が足りなかったんだろうな。上3人はジャニワに出演していて、聡ちゃんもマリも学校や個人仕事に忙殺されていたなかでのコンサートリハーサル。もっと時間をかければもっと良くなるのでは?と思った箇所がたくさんあった。

それから、本人たちの意見を大人がまとめる時間も少なかったのかな?と思いました。なんか、ものすごくJUMPコンっぽかったんですよ今回のセクゾンコン(笑)。JUMPコンの下位互換って感じだったので、あーこの子たちやっぱりJUMPの直属の後輩なんだな~と思った。この子たちの中で「コンサート」というものを考えたときに、こういうコンサートが一番に浮かんでくるのかなって。それとも、構成する大人がJUMPと同じ人たちなのかな~?その辺はよく分かりませんが。

 

というわけで100%納得のいくものではなかったし、コンサートの構成以外にもモヤッとする箇所がいくつもあった(笑)。

でも、終演後におたく仲間と飲みながらコンサートの愚痴を言ったり、タレント不在の反省会したりするのも、ジャニオタっぽくて好きなんですけどね(笑)。横浜3日間は3日間ともいろんなおたく仲間と飲めて楽しかったよ~。構ってくれたひとありがとうございました!

 

そんなこんなの冬休みラストでした。

雪解けの頃が楽しみ!

 

 

以下セットリストメモ。

1.Sexy Summerに雪が降る
2.Lady ダイヤモンド
3.スキすぎて
4.With you
5.I see the light ~僕たちのステージ~
6.Silver Moon
7.IF YOU WANNA DANCE
8.SHAKE、スニーカーぶる~す、Za ABC(勝利)
9.きみを離さない きみを離れない(勝利・風磨・健人)
10.Don't Stop Sexy Boyz!(Sexy Boyz)
11.Teleportation(健人)
12.キミのため ボクがいる
13.勇気100%

<MC>
14.名前のない想い(健人・風磨)
15.We can be one

<MC>
16.雨だって(聡・マリウス)
17.ワンダーランド・トレイン(聡)
18.世界に一つだけの花(マリウス)
19.青春アミーゴ(聡・マリウス)
20.rouge(風磨)
21.君と...Milky way
22.Sexy Zone
23.新曲?
24.完全マイウェイ
25.今日はありがとう

 

EC-1

1.Knock!Knock!!Knock!!!

2.ララリラ(※1月5日のみ)

3.High!!High!!People

 

EC-2

1.Sexy Summerに雪が降る

 

EC-3

1.風をきって(※1月6日のみ)