読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西ジャニーズJr.春休みスペシャルコンサート2013/関ジュ始めました。

関西ジャニーズJr. CON

3月の18日と19日、学生の特権を利用してド平日、遂に松竹座遠征をしてしまった。
まいジャニコンを観て、なにキン可愛いな!!と思って、いてもたってもいられなくなってしまったのです……。数年前、というか、数ヶ月前のわたしに「あんた近いうち関ジュ観るために松竹遠征するよ」って言っても、「そんなわけないじゃんwww」と信じてもらえなさそうなこの状況……自分でも驚いています。
でも、今回は自分の行動力を褒めたい!!
松竹、行って良かった。すごくすごく楽しかった。
以下、レポっていうか雑感です。

  • 影アナ/照史

照史の影アナからスタート。これ録音なのかな?18日の夜と19の昼二公演入ったのですが、どちらも違うネタだったので複数パターンあるようだ。「皆さん、この時間は何してるの?うちわ作ってる?ステージからもよく見えますよ。(→)(→)(→)ってうちわが並んでて、なんだろうと思って見たら(重)(岡)ってうちわだったりね!」っていうパターンと、「皆さん右を見てください。…壁です。左を見てください。…壁です。前を見てください。…幕です!」っていうパターン。

  • OP映像

B.A.D、濱ちゃん、キンカン、なにわ皇子が松竹座の入口からお客さんをエスコートしてくれるていの映像。入口から両脇に並んでお出迎えしてくれたり、エスカレーター登ったら上になにキンがいたり、B.A.Dが扉開けてくれたり。皆わちゃわちゃしてて可愛い!


<前半ショータイム>

  • Let's go WEST~KANSAI~ /全員

スタンドマイクで。「ア~ホや~」のところで平野くんが西畑くんの方を見て、西畑くんが変な(というか可愛い)ポーズをする、というのが恒例になっていたみたい。あっ、言い忘れてましたが関西では平野くん推しなのでショータイムは主に平野くんを見ています。

  • ロマンティック/全員

ステージの前の方まで来て、ファンサしながら。この曲めちゃめちゃ盛り上がりますね。関西はかっこいい曲が多くて良いなぁ。

  • コワレソウ~Misty~Magnetic/B.A.D

貫禄のメドレー!
B.A.Dは個人個人で見ても能力の高さに驚くけれど(特に照史…わたしと同い年なのに…!)、ふたり並んだ時に1+1=2以上になるのが凄いなと思う。お互いがお互いのことを好きって臆面もなく言えるのもいいよね。目線が合ってないときでも通じるものがありそうな…。

  • Don't stop sexy boyz/なにわ皇子

一転して可愛い感じ!
まいジャニコンの時はそこまで余裕がなくて見れなかったけど、改めてじっくり見てみると廉くんの動きがいちいち面白い(笑)。りゅーちぇーさんは元々ダンスが上手い(習ってたのかな?)し、西畑くんも謎の小慣れ感があるので、廉くんがある意味いちばん等身大っぽくてほっとする。廉くんと西畑くんのオセロシンメも背格好が似ていて収まりが良いけど、廉くんセンターもアイドルっぽくて素敵だなとおもいます。

  • キラリ☆Traveler/7WEST

花道から登場。18日昼は重岡くんが外仕事で休演だったのですが、結果的に3人バージョンも4人バーションもどっちも観れて良かったな。WESTも最早個人個人の能力が高くて、いつの間にか立派に関西を背負って立つ存在!!!みたいになってるんですが、それでもやっぱり4人が集まった時の相乗効果は凄かった。特に今、神ちゃんの髪型が重岡くんと似てるからさ~、遠目から観た時、ツインタワーと重神でそれぞれ双子みたいになっててバランスも良い。曲は初めて聞いた曲だったけど、明るくて可愛い感じ。大江戸ではクールなWESTだったから、明るい曲を元気に歌う彼らも観れて嬉しかった。

  • 愛しのプレイガール/Kin Kan

キンカン最高だ最高!!ザ・思春期みたいな年代の彼らにプレガを歌わせるその作戦最高です。キンカンもバランスがとても良くて、めちゃくちゃ情感たっぷりに歌い上げるかねこじと、何考えてるかよく分からない平野くんの対比ね……!いちばん分かりやすいのがサビの「抱いて抱いて狂おしいほど」のところ、金内くんはめちゃくちゃ眉間に皺寄せて切なそうに歌うんだけど、平野くんは…なんかちょっと口元が微笑んでて…わざとやってるのか歌詞の意味を理解してないのか知らないけど、その微笑みセクシーすぎるの自分で理解してますか?!って感じ……。冒頭のソロダンスもかっこよかった。バキバキ踊ってるの良いなぁ~。


<新喜劇コーナー>
約40分新喜劇っていうコンサートらしからぬ衝撃の時間配分だったんですが、それでも面白いのが関ジュクオリティだなぁと!!起承転結がちゃんとあって、合間合間に大喜利大会とかアドリブ芸もあって、かと思えばかっこいい歌とダンスのステージもあり…。ジャニワで着席することに慣れきってしまった身には、座って観れるというのもとてもありがたかったです。

  • NOT FINALE/全員

映画の映像をバックに映しつつ。劇のOP的な感じかな。

  • Over Drive

「J学園」という学校を舞台にしたコント、まずは登校風景。先生役は淳太くん、新任教師に小瀧くん。生徒は2年生の濱ちゃん、重岡くん(生徒会長)、神ちゃん、流星くん。1年生のキンカン。ひとりずつ登校してきて、一発芸とかギャグとかやる。関西魂!

登校風景のあとはTOKIOの「Over Drive」。キャスター付きのイスに乗って、右に左に前に後ろに、所狭しと生徒役の皆さんが駆け回る。動線がかなり細かい上に、神ちゃんや濱ちゃんの身体能力がものすごくて、圧倒されました。一見コミカルな動きなんだけど、それ実は相当難しいよね?!みたいな動きを彼らは笑顔でこなす……男の子の身体能力無限大すぎてかっこいいです。もっとじっくり、一人一人どういうふうに動いてるのか観たかったなぁ。目が足りなかった。

このあとは札付きのワル・3年生(なにわ皇子)も合流して、ディベート大会。
いちばんポンコツだった人(先生が決める)は、桐子先生の保健室で若手芸人のようなドぎつい罰ゲームあり。桐子先生、お歌上手だし、なんか…なんかなんとも言えない色気がありますね…///


  • 俺たちの青春~ジタバタ純情

毎年出場してるダンス大会に、今年も学校総出で参加したい。ここ何年か、ライバル校の極悪学園に負けが続いてるから「お揃いの衣装で出たら勝てるかも!」って盛り上がる金内くんに、「でも濱田の家貧乏やから、新しい衣装なんて買えへんぞ~」って心配する2年生たち。「俺んち貧乏じゃないし!」って強がる濱ちゃん。というわけで、実際に濱ちゃんの家の偵察に来た重岡くん・神ちゃん・康二。濱ちゃんのおうちはやっぱり貧乏で、やくざから借金の取立てにあっている。切ない濱ちゃん……。

ここの演出もかなり好きだった。濱ちゃんが裕福だった過去を懐かしみながらソロで「俺たちの青春」を歌い始めると、やくざ役のギャンスタがスッとバックに入って切なく舞い始め……と思ったら濱田家のお隣の二階の窓をスパーン!と開けて笑顔で出てくる今江くん(笑)そして続くラップで次々お隣の家から出てくる先生・重岡くん・照史・流星くん・金内くん!(笑)
って口で説明するとまったく面白さが伝わらないのがもどかしい~!映像化してくれたらいいのに……今江くんと小瀧くんの登場の仕方がもう最高すぎて!

そのあとは何故か河原で「夕日は何故赤いんだー!」みたいに叫んで青春するコーナーあり。ここでもボケが要求される、厳しい関ジュの世界(笑)。ちなみにこのとき照史は桐子先生ではなく学ランメガネのガリ勉くん役で登場。照史の振り幅すごい……さすが演技派俳優。

  • ミュージカルメドレー(Sing Sing Sing~The Entertainer~I'm singing in the rain~買い物ブギ~東京ブギウギ~In The Mood)

淳太先生「3年生も昔はダンスが好きな奴らやったんや…」と、3年生の若い頃の回想がスタート。キンカン以下の若手総出でポピュラーなミュージカルソング+服部良一先生の名作メドレー。シルクハットに燕尾服、きらきら光るネオンみたいな照明におもちゃ箱みたいな可愛い小道具大道具。可愛いがたくさん詰まったディズニーランドみたいなフレッシュなミュージカルだった。声変わりも、もしかしたら初恋もまだの子どもたちが歌う「雨に歌えば」、なんて、なんってイノセントなんだろう!!西畑くんのミルキーな表情は、こういう曲にとてもよく合うなぁという発見。そしてやっぱり関西の一体感、とても好き。大好きなコーナーでした。

回想が終わり、「頼むから一緒にダンス大会に出てくれ。3年生がいないと勝てない」と懇願される3年生たち。最初は嫌や!って言ってるんだけど、次第に心が動いてきて、最終的に一緒に大会に出ることに。と、そこに現れたJ学園のライバル・極悪学園。中には何故か濱ちゃんの姿も。「濱田?!なんでお前そっちに!」ってびっくりするJ学園の生徒たちに、「どうしても勝って賞金の100万が欲しい。借金を返したい。だから勝算のありそうな極悪学園に転校した」と言う濱ちゃん。

  • Battle

そしていよいよダンス大会本番。極悪学園の演技からスタート。ブルー貴重の衣装で、肉体で魅せる!って感じのステージでした。ベテランのダンスって今までちゃんと見たことがなかったんだけど、グループ名に負けないくらい貫禄のかたまりですね。特に浜中くん、漆黒の髪の毛を振り乱しながらバキバキ踊る姿は、黒豹みたいだった。群れない黒豹。クール!

  • NEXT STAGE

一方、J学園は赤い衣装で揃えてネクステ。極悪学園が貫禄と実力なら、J学園の強みは多様性だった。身体ひとつで戦う極悪学園に対して、映像使いまくりのJ学園(笑)。でもこの映像が上手いこと合っててかっこいいんだこれまた!特に、小瀧くんと淳太くんが両脇から出てきて火の玉みたいなの操るところと、平野くんが後ろを向いてモニターをザシュッ!て切るところがかっこよかった。アニメのOPみたいだった。必殺技が次々出てくるの。
そして褒めるべきは極悪学園にもJ学園にも出演してるギャングスターの皆さん…!踊れるし使えるしおもろいし、何だこいつら、無敵か!

結局勝者はJ学園。
「賞金の100万円は濱田にやるよ。皆、ええよな?」「おう!」「なんで…?俺、みんなを裏切って転校までしたのに…。やっぱり俺、J学園に戻るわ!」「エーッ!」っていう、ハッピーエンドのような、オイオイ濱ちゃん!のような(笑)。そしてここで注目すべきはみんな笑顔の中ひとり後ろを向いて悔しそうにしている浜中さん……黒豹!

まだまだ続く新喜劇。天使かと思ったら福井くんというJr.の子の独唱でした。
天使の歌声!

3年生の卒業式のシーン。ここでもやっぱり大喜利大会があり(笑)。
面白い歩き方をする西畑くんを見て、こらえきれず笑っちゃう廉くん、というキュンキュンシーンもありました。

  • Beautiful未来

卒業証書授与とお別れの言葉が終わったら、みんなで第二ボタンを客席に投げようぜ!ということで、胸についてた大きなボタンを外して客席に投げる。キンカンは投げる前にそれぞれボタンを交換してた。可愛いな~!


<後半ショータイム>

  • Fighting Man/7WEST

一人ひとり、AメロとBメロをソロで歌ってサビまで持っていくのたけど、徐々に集まっていく感じがとてもかっこよかった。松竹のWESTは前半も後半も明るいメロディーで、未来だけを真っ直ぐ見つめてる感じ!きらきらしててかっこよかった。

  • 桜道/照史ソロ

普通に上手くて何も言うことないっていう…。お客さんがおしゃべりしてるのが残念だったなぁ。ステージには照史しかいないし、極論、照史担以外はお目当ての子が出てない状態なので仕方ないのかも知れないけど、狭い会場なのでおしゃべりしてるとすごい目立つんだよね。って新参が愚痴をすいませんね。まぁこれも思い出のひとつということで、メモ。

  • ごめんねジュリエット/淳太くんソロ(バックにベテラン)

ベテランが金爆みたいなカラースーツで…でもダンス超かっこいい。
ギャンスタが床に敷いた白い布を揺らして波みたいな演出を作っていた。朝田くんだったっけ、なんか19日昼やけに楽しそうに布を揺らしてて、何がそんなに面白かったのか気になる……(笑)。

  • Blow out/全員
  • Esper/全員

最後のファンサタイム!
平野くんは、前のほうにあるうちわにちょこちょこ手を振ったり、廉くんに促されて一緒に投げチューをしたり、康二くんの後ろをちょこちょこついて行ったり、金内くんにちょっかいかけてたり、すれ違いざまに大橋くんとどつきあったりして、楽しそうにしてました。可愛い。

  • 鼓動/全員

「夢に向かって叫んでんだろ」っていう歌詞が、青春どストレートすぎてぐっと来る。バラードだけどサビで力強く盛り上がるのも、ED向けって感じの曲。西畑くんの頭の上に桜吹雪がどんどん積もっていくのが可愛かった。


<EC>

  • バンバンッ!

最後にどうでもいい自分語りすると、就活でぼろぼろになりながら夜行バスで関西まで行ったんです、今回。それで最後の最後にバンバンッ!歌われたら涙腺崩壊するよ~~~。
「簡単じゃねえ 楽じゃねえ だけど決めたんだろ自分で」
この部分、何度聴いても胸にぐさっと突き刺さる。ジャニーズJr.の子たちは毎日まっすぐな瞳で夢に向かって努力していて、そのきれいな心ときらきらの瞳に当てられる。こういうこと言うの恥ずかしいけど、ほんとにわたしは彼らを観ることで勇気と元気をもらってるんだなぁって思うよ。明日からまた頑張ろう!って気持ちで会場をあとにできるコンサート、素晴らしい!


というわけで、とっても楽しい関西遠征でした。
次は全国ツアーかな!
今の関ジュ、観ていてとっても楽しいので、観れるうちにたくさん観ておこう!と思いました。